一宮高校SSH

愛知県立一宮高等学校は22世紀を見据えた教育を行っています。

TEL.全日制 0586-72-0191
定時制 0586-71-5514

〒491-8533 愛知県一宮市北園通6丁目9番地

一宮高校SSH

2年 生物特別研究 「植物のバイオテクノロジー」
【生徒実験】『プロトプラストと細胞融合』
日時:令和2年11月17日(火)3限
場所:一宮高校生物実験室 

【まとめ講演】『産業と研究におけるDNA活用術』
日時:令和3年1月22日(金)5限
場所:一宮高校生物実験室
講師:岐阜大学 応用生物科学部 助教 落合 正樹 先生 

実験では、赤・黄・橙のバラの花弁を細かく切って酵素液で処理し、細胞壁を分解した細胞『プロトプラスト』を作成しました。赤や黄色や橙色の色素が細胞内のどの部分にあるかを確認したあと、ポリエチレングリコールを使って赤バラと黄バラの2つの細胞が融合する過程を観察しました。酵素作用による植物細胞の変化と簡単に細胞が融合することに驚きました。また、各自仮説を立て、3色のバラ以外に白や紫の花も同様に観察し、花色と色素の関係についても考察を行いました。
講演では、現在、様々な分野で利用されている遺伝子組換えやゲノム編集といったバイオテクノロジーについて、大学での研究や実際の農業での実例を紹介しながらわかりやすく説明していただきました。それぞれの技術の仕組みからメリット・デメリットを学ぶことができ、これまで学習した内容への理解が深まっただけでなく、「進学先や就職先で研究を行う自分」を考える上でも大変興味深い内容でした。今回の講演を踏まえ、希望者が来年岐阜大学で「組織培養」のワークショップに参加し、大学での実験実習を体験します。
2年 生物特別研究 「ニワトリ胚の発生の観察〜手足の形作りと遺伝子〜」
生徒実験
日時:令和2年12月7日(月) 1限   『ニワトリ胚の観察(5日胚)』
   令和2年12月14日(月) 1・2限『ニワトリ胚の観察(2日胚・8日胚)と手足の観察』
   場所:一宮高校 生物実験室

まとめ講演『ニワトリ胚を用いた手足の発生に必要な遺伝子の探索と機能解析』
日時:令和2年12月15日(火) 4限
場所:一宮高校 生物講義室
講師:名古屋大学大学院生命農学研究科 准教授 鈴木 孝幸 先生

2日胚、5日胚、8日胚をそれぞれ卵から取り出し、卵黄・卵白の様子や胚膜・脳・眼などを観察し、初期発生の過程を学びました。また別の8日胚の手や足の原基をナイルブルー染色し、指の間でアポトーシスが起こっているか(死んだ細胞を処理するマクロファージが濃い青に染まる)を確認し、プログラム細胞死を観察しました。
まとめの講演では、チャボの短足、烏骨鶏の多指症のメカニズムを解明することで、ヒトの小人症や多指症のメカニズムの解明につながることを学習しました。脊椎動物の初期発生過程が類似していることも学び、「個体発生は系統発生を繰り返す」ということや、「共通祖先から連続的に形態が進化している」ことなど、進化分類学的な内容も勉強することができました。
2年 化学特別研究「ビタミンCの熱耐性を探る」
  数学特別研究「やさしいt検定」
【生徒実験】
日時:令和2年11月10日(火)〜令和2年11月19日(木)各クラス授業時
場所:一宮高校 化学実験室
【統計処理】
日時:令和2年12月9日(水)〜12月16日(水)各クラス授業時
場所:一宮高校 コンピューター室

飲料水のビタミンCの定量後、ビタミンCの熱耐性を探る実験を行いました。班ごとで実験条件を工夫し検証しました。実験で得られたデータを検定(t検定)することで、加熱の有無によるビタミンCの減少量に有意差があるか分析しました。
2年 課題研究 数学特別講演 「データサイエンス入門」
日時:令和2年11月2日(月)2・3限、4・5限(各クラス2時間) 
場所:一宮高校 桃陵館
講師:中部大学現代教育学部 教授 神保  雅一 先生

男女の出生率の差や選挙の出口調査からの当選予想などの身近なデータを使いながら、データサイエンスのお話をしていただきました。今後化学実験で取るデータの処理の仕方も説明していただき、数学的にデータの信頼性を示す方法を学ぶことができました。
2年 生物特別実験 「原形質流動の速さを測ろう!」
日時:令和2年6月16日(火) 
場所:一宮高校 生物実験室

1年次に学習した「ミクロメーターの使い方」「ムラサキツユクサのおしべの毛の観察」を踏まえて、原形質流動の速さを測定しました。「正確で再現可能な実験を設計するにはどうしたら良いか」を考えながら、各自で方法・手順を決め、事前に用意された光学顕微鏡などの観察器具および試料(シャジクモ・ムラサキツユクサ・オオカナダモ)を使って実験を行いました。測定回数の設定や試料の採取に苦労した分、実験計画や実験の予習をする大切さも学びました。

ナビゲーション




 

バナースペース

愛知県立一宮高等学校

〒491-8533
愛知県一宮市北園通6丁目9番地

《全日制》
TEL 0586-72-0191
FAX 0586-73-1083
《定時制》
TEL 0586-71-5514
FAX 0586-72-0252

アクセス

本ホームページの内容の
無断転写を禁止します。



※リンクは全て同一ウィンドウ(タブ)で開きます。
新しいウィンドウで開きたい方はShiftキーを、新しいタブで開きたい方はCtrlキーを押しながらクリックしてください。